Sulforaphane LAB

解毒作用

EFFECT OF SULFORAPHANE

スルフォラファンは、体内に吸収された有害物質を無毒化して体外に排出する酵素(解毒酵素)の生成を促すことで、からだの解毒作用を高めます。2014年8月、ジョンズ・ホプキンス大学とミネソタ大学の研究チームによって、スルフォラファンの大気汚染物質に対する解毒作用が報告されています。

検証方法

中国の揚子江デルタ地帯の住人291人を2グループにわけ、1グループにはスルフォラファンを一定量含むジュースを、もう1グループにはスルフォラファンを含まないジュースをそれぞれ3カ月間飲んでもらい、体内に吸収された大気汚染物質の排出促進効果を調べました。
中国の大気汚染物質の15%以上が排出されているといわれるほど、大気汚染が深刻化している地域。

結果
ベンゼン代謝物(SPMA)の尿中への排出促進効果

スルフォラファンを含むジュースを摂取したグループで、大気汚染物質の1つであるベンゼンの排出促進効果が確認されました。

考察

この報告では、ベンゼン以外にアクロレインという大気汚染物質についても明らかな排出促進効果が確認されています。これらの結果から、スルフォラファンには、継続して摂取することで、体内に吸収された大気汚染物質の排出を促す解毒作用が期待できます。

出典:
Rapid and sustainable detoxication of airborne pollutants by broccoli sprout beverage: results of a randomized clinical trial in China.
(2014,8 Cancer Prevention Research)
※題名をクリックすると論文データベースサイト(英語サイト)へ移行します。